タスク管理

インボックスを重く感じることが多くなってきたのでアウトライナーを試す

 

 

こんにちは、ゲンブです。

 

OmniFocusのインボックスを重く感じることが多くなってきたのでアウトライナーを試したくなりました。

 

OmniFocusってなに?という方には、こちらの記事が参考になると思います。
参考GTDをおこないたい人のためのタスク管理アプリOmniFocus

 

 

インボックスを重く感じることが多くなってきた

 

OmniFocusのインボックスを重く感じることが多くなってきました。

 

私の使い方が特殊なこともあって現在、OmniFocusには4000件のアクションと200件のプロジェクトを超えるものが登録されています。

 

特にiPhoneを使っていてインボックスに入れようとすると全てのデータを読み込むためか、反応してくれるようになるまでに以前よりも少し時間がかかっているように思えます。

 

わずにかにですが、動作を重く感じるシーンが増えてきました。

 

 

インボックスの使い方が変わってきた

 

インボックスの使い方を自分の意識の割り込みを入れるようにしました。

 

以前にツイートしましたが、計画しているタスクが再び頭の中に浮かんだ場合、それは一度整理したものとは別なのではないか(また気になることがあるから意識にのぼってきたのではないか)思ったからです。

 

そうするとインボックスに入れることの頻度が多くなり、軽快に動作してくれることの重要性が高まりました。

 

 

アウトライナーにはDynalist を使う

 

昔使っていたアウトライナーの軽快さを思い出し、Dynalistを使うことにしました。

 

少しでも使い慣れているアウトライナーの方が試しやすそうだったからです。

 

OmniFocus使いとしては、OmniOutlinerが気になるところですが、無料体験期間を以前に使い切っていたので、課金が必要でした。

 

ログインして過去の記録をみていたらちょうど2年前ぐらいの今頃にも使っていたことがわかりました。

 

弁証法でいうところの「否定の否定」で舞い戻ってきたような、なんとも感慨深いものがあります。

 

 

頭の中の割り込みを書き出す

 

アウトライナー(Dynalist)に頭の中の割り込みを書き出していきます。

 

基本的にはそれまでOmniFocusで使っていたのと同じやり方をしようと思います。

 

以前にアウトライナーを使ったタスク管理には挫折しましたが、OmniFocusを使った過去があるからこそ使えるのではないかと考えます。

 

軽快にアウトライナー(Dynalist)に新たに思いついたもの、すでに計画していたもの、やったことなどを書き出していきます。

 

 

インボックスに入れるものが多いと軽快さを求めるようになりました。

以前にアウトライナーを使っていた頃の軽快さを思い出して再びDynalistを使い始めることにしてみました。

求めていた軽快さはいいのですが、DynalistをMacで使うと勝手に文字が変換される不思議現象に悩まされています…

 

 

 

-タスク管理

Copyright© タスク管理コンパス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.