GTD タスク管理

時系列に並べたタスクリストとインボックスとで予実管理のようにする

 

 

こんにちは、ゲンブです。

 

時系列に並べたタスクリストとインボックスとで予実管理(予定と実績)のようにすることを試します。

 

タスク管理アプリにはOmniFocusを使っています。こちらの記事が参考になると思います。
参考GTDをおこないたい人のためのタスク管理アプリOmniFocus

 

 

インボックスに居ることが多くなってきた

 

タスク管理アプリ(OmniFocus)を使っていてインボックスに居ることが多くなってきました。

 

時系列に並べたタスクリスト(OmniFocusの"予測"画面)をみながら作業するより、インボックスに居て作業する方が融通が利きやすいです。

 

時系列に並べたタスクリストで作業をしていると、インボックスに入れたものが気になることがあります。

 

インボックスに入れて、まだ見極めと整理が済んでいないことがあると、今やっていることよりも先にやらないといけないことがあるかもと思ってしまいます。

 

時系列に並べたタスクからインボックスに入れることをやっているのもインボックスに居ることが多くなった理由のひとつです。

 

こちらの記事が参考になると思います。
参考時系列に並べたタスクからインボックスに入れる

 

 

"今"を収集・把握する

 

"今"を収集・把握するのには時系列に並べたタスクリストよりインボックスの方が使いやすいです。

 

時系列に並べただけのタスクリストは想像なので、今この瞬間、瞬間に対応するのにインボックスを使います。

 

すでにある時系列のタスクリストから新たにインボックスに入れて時系列に並べ替えようとするのは手間です。

 

直接インボックスでモノ・コトを上下に入れ替えたり、新しい追加は常に下(または上)で扱った方がまた時系列に並べようとする手間が少なく済みます。

 

時系列に並べたタスクリストと今この瞬間、瞬間を捉えるインボックスを合わせて使います。

 

 

情報>タスク>時系列に並べたタスクリスト>インボックス

 

フロー(流れ)としては、情報>タスク>時系列に並べたタスクリスト>インボックスとなります。

 

左側から土台でその上部構造があるピラミッドのようなイメージです。

 

  • 地面としての「(プロジェクトとその)情報」
  • 土台としての「(プロジェクトとその)タスク」
  • 上部構造としての「時系列で並べたタスクリスト」
  • 司令塔としての「インボックス」

 

プロジェクトと結びついた情報とタスクとがあり、その中から日別、時系列に並べたタスクリストを作り出します。その上で、"今"をインボックスでまとめます。

 

時系列に並べたタスクリストとインボックスを合わせてデイリータスクリストのように使います。

 

 

実績は行動だけでなく意識・思考も書き出す

 

実績は行動だけでなく意識・思考も書き出すようにします。

 

むしろ行動よりも意識・思考に重きを置いて書き出すことの方が効果があります。

 

自分の意識の割り込みに対応できるからです。

 

インボックスで時系列に並べたタスクリストだけでは捉えきれない感情や気持ち、思考を踏まえた上でのリストにして自分を把握します。

 

 

時系列のタスクリストを作ると自分が割り込みになる

 

時系列のタスクリストを作ると今度はそれに対して自分(自身)が割り込みになります。

 

自分の頭の中で想像した未来の自分がやるタスクリストとしての予定(予測)に対する"今"現在の自分です。

 

インボックスを使うことで時系列のタスクリストを作った時にはなかった"今"の自分の意識の割り込みに対応します。

 

自分を把握するためにインボックスを使います。

 

予実管理の「実」は実績の「実」ではなく、現実の「実」なのかもしれません。

 

-GTD, タスク管理

Copyright© タスク管理コンパス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.