タスク管理 ツール

【手帳】タスク管理はメモからで始められる【バレットジャーナル】

2020年3月28日

 

こんにちは、ゲンブです。

 

普段、アナログでもデジタルでもメモばかり取っています。

 

前に、こんなツイートをしました。

 

 

アナログで最も多く使うタスク管理はメモすることだと思います
そこから手帳を書いたり、バレットジャーナルをやってみたりと、広げていくこともできます。気に入った筆記具を使い、好きなノートに書き出す。紙に書く行為は楽しいです。
頭の中のものを書き出す原体験はアナログなことの方が多いですね

 

・タスク管理で何すればいいの?
・メモする・書き出すためのツールはなに?
・何をメモする・書き出すの?

こういった悩みに対する記事を書きました。

 

この記事にある『【手帳】タスク管理はメモから始める【バレットジャーナル】』を読めば、タスク管理をメモから始められるようにしました!

 

実際に自分がタスク管理できなくて、どうしたらうまくタスク管理できるかをメモしたり、書き出したりして学んできたことです。

 

本記事の内容

  • タスク管理は書き出すことから始まる
  • 書き出すための身近なツール
  • 「気になること」を書く

 

タスク管理は書き出すことから始まります。

 

人は考えてから行動します。

 

考える→行動する

 

この考えるのが一瞬だと直感的と言えて、長いと論理的だと言えます。

 

実際には、これに以前に考えたことが加わっています。

 

考える+考えたこと→行動する

 

この"考えたこと"を保持するのに頭の中は向かないのです。頭の中はなるべく"考える"ことのシングルタスクにします。

 

頭の外=考えたこと

頭の中=考える

 

そのためにはこの考えたことを頭の中から書き出して、読み返すようにします。

 

頭の外=書き出す→読み返す

 

そうすれば頭の中は考えることに集中できます。

 

(頭の中=考える)+(頭の外=書き出す→読み返す)→行動する

 

 

書き出すためのツールを使います。

 

ツールといっても大げさなものではなく、出来るだけ身近なものから始めます。

 

書き出すことの最も簡単なのがメモすることです。

 

ただ、書き出すだけではなく、読み返すことができるようにしておきます。

 

ノート・ふせん

 

アナログでメモするならば、ノートでまとめておくことができます。

 

メモ用紙だけだとバラバラになってしまいます。

 

書くことがあまりないうちに、いきなりノートを使うのに抵抗があるようでしたら、一度ふせんに書くようにします。

 

そのふせんをノートに貼り付けておくといいでしょう。

 

サイズはさまざまです。自分にあった使い方のサイズを見つけるまでは100円均一などでいろんなサイズのものを試しみてもいいです。

 

サイズが合ってから、自分の好みにあったいいものを揃えていきます。

 

ノートを持っているという所有欲が、メモをしようとする気持ちになります。

 

手帳・バレットジャーナル

 

このメモするということを拡張できます。

 

どこに書くのかを拡張したのが、手帳です。

 

年間スケジュール、月間スケジュール、週間スケジュール、1日のスケジュールなどメモを書き込む場所によってそこに意味合いを持たせることができます。

 

あらかじめ決められた書式に当てはめることでメモを整理できます。

 

どうやって書くのかを拡張したのが、バレットジャーナルです。

 

主に箇条書きをベースにして箇条書きの頭に記号をつけることでメモの種類がわかるようにできます。

 

自分の使いやすいように作っていくことができる自由度があります。

 

そのほかバレットジャーナルはさまざまなページの作り方があるので、詳しい書籍も出ています。

メモアプリ

 

デジタルでメモするならば標準でインストールされているメモアプリでまとめておくことができます。

 

フォルダを作って、階層にしたり、写真や音声もメモできます。

 

AndroidであればGoogle Keep、iOSであればメモAppがあります。

 

すでにスマホを持っているのであれば、メモのために持ち物を増やすこともありません。

 

 

「気になること」を書きます。

 

何をメモしていくのか、最初は気になることについて書いていきます。

 

忘れてしまいそうなやること、思いついたアイデア、いいなと思ったことなど。

 

感情が動いたときに書くようにします。

 

メモの最高の読者は自分

 

最後に、書き出したものを読み返します。

 

読み返すのは行動するため、行動の糧とするためです。

 

忘れてしまっていたやることを思い出せる、思いついたアイデアを実行に移す、いいなと思ったことを振り返って勇気づけられる。

 

メモを続けて自分の悩み、問題が解決するように書けるようにしていきます。

 

-タスク管理, ツール

Copyright© タスク管理コンパス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.