OmniFocus タスク管理

プロジェクトからの次にとる行動と時間からの次にとる行動を一致させる

 

 

こんにちは、ゲンブです。

 

時系列に並べたタスクとインボックスでの順番との整合をどうするのか検討します。

 

以前の記事が参考となります。
参考時系列に並べたタスクからインボックスに入れる

 

 

時系列に並べたタスクとインボックスに並んだ順番で整合が取れない

 

時系列に並べたタスクとインボックスに並べたタスクとその整合が取れないです。

 

それぞれに順番が発生するので、ちょっと混乱してきました。

 

  • 時系列に並べたタスクは"時間"からみた時の次にとる行動
  • インボックスには"プロジェクト"からみた時の次にとる行動

 

それぞれが格納されています。

 

 

優先度よりも"その時に知っておかないと着手できないタスク"が知りたい

 

優先度で並べてあるよりも"その時しか着手できないタスク"が知りたいです。

 

優先度で並べ替えていてもキリがありません。

 

朝にしか着手しにくいタスクを夕方に知っても先送りにつながります。

 

その日やることのうち、その時に知っておかないと着手できないタイミングでタスクを知るようにしたいです。

 

 

タスク管理アプリで同じ時間にセットするとプロジェクト順になる

 

時系列で並べるのにタスク管理アプリのOmniFocusで"予測"のパースペクティブを使って、期限に日時をセットしています。

期限をリマインダーのように使っているので、そのタスクを知りたい日時をセットしています。この時同じ期限をセットするとタスクの並びはプロジェクトリストの並びで上下が決まります。

 

重要度の高いプロジェクトはリストの上の方に並んでいるということからそのような使い勝手になっていると思われます。

 

プロジェクトリスト

プロジェクトA
∟タスクA1 9:00
・プロジェクトB
∟タスクB1 9:00
・プロジェクトC
∟タスクC1 9:00

 

時系列に並べたタスク

タスクA1 9:00
タスクB1 9:00
タスクC1 9:00

 

時系列に並べたタスクの順番を変えるには時間を早めるかプロジェクトのリストを並べ替える手間が必要になります。

 

 

インボックスで並べ替えるほうが簡単

 

時系列に並べたタスクの順番を変えるよりインボックスで並べ替えるほうが簡単です。

 

インボックスに入っているものはプロジェクトや時間などの情報が付随していないフラットな状態です。

 

項目を上にしたり下にしたり、感覚的にドラック&ドロップでも操作が可能です。

 

タスク管理アプリのOmniFocusのインボックスはアウトラインで親子の階層関係を持たせることもできます。

 

 

予測→インボックス→予測の流れを作る

 

時系列に並べたタスクである"予測"からインボックスに転記しています。ここからインボックスの中で整理したものを再び"予測"に戻す流れも作ってみようと思います。

 

もともとインボックスで次にとる行動を選択した後のメモや新しい次の行動はプロジェクトページに追記していたのを時系列に並べたタスク(="予測")にも応用します。

 

優先度よりも"その時に知っておかないと着手できないタスク"を知りたいです。

インボックスで並び替えたものを時系列に並べたタスクの並び順にも反映させるようにします。

プロジェクトからの次にとる行動と、時間からの次にとる行動が一致するようにします。

-OmniFocus, タスク管理

Copyright© タスク管理コンパス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.