タスク管理

締め切り前までにレビューをやることでタスクの解像度をあげる

 

 

こんにちは、ゲンブです。

 

いつもやっているレビューがタスクの解像度をあげてくれているように思えます。

 

タスクを着手しようとした時に気づくことがある

 

タスクを着手しようとしてその時になって気づくことがあります。

 

それまではぼんやりと景色のように眺めていたタスクが、いざ足を踏み出そうと解像度をあげた時に色々なことに気づきます。

 

このタスクをいつやろうとして、いざ当日になると誰かに確認を依頼しておかないといけないことに気づいたりといったことです。

 

先の期日に置いたタスクは急に解像度が落ちるような感覚に陥ります。

 

 

事前に気づけるように期日前レビューをする

 

期日に置いたタスクの解像度を徐々に上げて事前に気づけるように期日前にレビューをするようにします。

 

当日気づいていたのでは間に合わないこともあります。

 

明日が提出期限なのに依頼先の担当者が休みで回答が来週になるとかなど十分にあり得る話です。

 

自分のタスク管理のミスで自分が頑張ればなんとかなるようならまだいいですが、人にまで余計な迷惑をかけることになります。

 

 

期日前レビューはイメージトレーニングに近い

 

期日前にレビューするのはイメージトレーニングに近いものがあります。

 

頭の中でタスクが実行されていくのをイメージするからです。

 

実際にタスクを実行する時にはそのイメージをトレースするように行動します。

 

イメージしていて気づいたことがあればそれを書き出しておきます。

 

 

タスク単体と1日の中でのタスクとしてイメージする

 

期日前レビューをタスク単体だけでやるのと、そのタスクを1日の中のどこで実行するのかもイメージします。

 

実際の行動では1日の中のどこかの時間でタスクに取り組むことになります。

 

タスク単体だけでイメージしていたのではわからなかった「いつ」そのタスクをやっている自分をイメージします。

 

するとファーストタスクにしないといけないのか、エネルギーがそれなりに足りている時がいいのか、足りない時でもいいのかがわかってきます。

 

 

明日のタスクは前日までにレビューしておく

 

明日のタスクは前日までにレビューをしておきましょう。

 

明日がどんな1日かをイメージすることができます。

 

1日では終わらないタスクが詰め込まれているのか、詰め込んでしまっているなら終わらせることより着手することにだけ意識を向けようなどに切り替えることができます。

 

 

休日のタスクは平日のうちにレビューしておく

 

特に休日のタスクは平日のうちにレビューしておきましょう。

 

休日にはたくさんやりたいことがあってついついタスクを詰め込んでしまいます。

 

平日の冷静なうちに休日のタスクをレビューしておくとやりたい気持ちを多少なりとも抑えて現実的なタスクリストに近づきます。

 

平日の間にできないタスクを休日に先送りしてしまいがちなのを、レビューで確認します。

 

レビューや「更新する」と聞くとなにか終わった後にやるものという意識を持ってしまいますが、実は始まる前にやっておくのも同じぐらいの効果が期待できそうに思えます。

いざ着手しようとした時にある情報を確認しておかないといけないと気づいて出鼻をくじかれるようなことはせっかく着手しようとしているのに非常に持ったないです。タスクを着手する前に必要な情報を更新しておくようにします。

-タスク管理

Copyright© タスク管理コンパス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.